フランスの友達との会話で驚いたこと

語学学校を通じて知り合った友達とチャットをしていた時のことです。
友達はフランス人ですが、お互いに「怖がりなのにホラー映画好き」ということでよく他の友達も誘っては映画大会をしていました。
一応、「英語の勉強のため」ということでしたが、実際はみんなキャーキャー言うばかりでそれほど「勉強」にはなりませんでしたが。

この時も「最近何か面白い映画観たか」という話題から「子供の頃に怖かったこと」についての話になりました。

私は誰もいない教室に忘れ物を取りに帰った時に部屋に入る前に戸を開けて「いるのはわかってるんだからね」とまずお化けを威嚇するなんてしていたことがありました。
そういうと友人も、「実は私も音楽室とかのカーテンの影やピアノの下なんかをまず探ってお化けがいないことを確認してからじゃないと怖かった」と言います。
それからお互いに「家にホラー映画のDVDなんかは絶対に置かない、夜中にそこから何か出てくるかもしれない」と思っていたこと。
教会や墓地にある天使などの彫像は「絶対に目を離すと動き出すに違いない」となぜか思っていたこと、などいろいろと共通点があることに気が付いたのです。

お互いに子供の頃はそれほど「自分の国以外の外国」についていろいろ考えることもなく、その日その日を毎日ただ楽しく暮らしていました。
自分と違う文化があるなんてことも考えたこともなかったと思います。
お互いにずいぶん能天気な子供でした。

ただ、そんなそれぞれの子供時代に「怖かったもの」がなんとなく似ていることに「子供の想像力って割合おんなじなんだねえ」と笑ったのでした。

 

また、日本人と外国人のスタイル体型の違いについても驚きました。

子供の頃は気にしていなかった顔の大きさや目のパッチリ、そして何よりも女性の象徴ともいえるバストの違いについて盛り上がりました。日本人は幼児体型がかわいいという友達の発言にも驚きましたが、やはり欧米でもバストへの関心は高いらしく、豊胸手術をする女性が多いそうです。

そんな私もアラサーですが、30代のバストアップは難しいと思っています。成長期もすぎているし、これからバストが大きくなることはないと諦めていますが、せめて現状維持で劣化するだけは避けたいですね。

目の下のクマを解消する具体的な方法

目の下のクマを解消する方法で私がオススメなのは、食べ物を使った解消法です。

目や肌に良い食べ物を食べることで、身体の内側からクマを解消することも効果的ですが、それに加えて同じ食べ物で外側から解消する「食べ物パック」もオススメの解消法です。

私のオススメは「ティーバック」と「アボカド」です。目の下のクマには種類があり、それぞれ原因や対策、解消法も違っています。使う食材によって効果も変わってきますが、この2つはどのクマにも効果的です。
まずティーバックです。私のオススメは紅茶とお茶です。紅茶やお茶には、カフェインや抗酸化物質が含まれています。これらは肌の色素沈着などの肌へのダメージを修復してくれる効果があります。やり方は、使い終わったティーバックを冷蔵庫でよく冷やします。よく冷えたら目の上にのせます。そのまま10分程置いておくだけです。香りがあるお茶や紅茶には、リラックス効果も得ることが出来るので、寝る前などに行うのがオススメです。使い終わったティーバックなので、全くお金をかけずにすることが出来ます。

そしてもう1つオススメなのがアボカドです。アボカドにはたくさんの栄養素が含まれています。その中のビタミンEやビタミンB群には、肌の再生を促す効果があるので、目の下のクマの解消にも効果的です。このアボカドパックには、熟れてしまって食べごろが過ぎてしまったものを使います。食べれるアボカドは勿体ないので、熟れすぎて食べれない時にアボカドパックとして使うのがオススメです。やり方はアボカドをよく潰し、それを目の下に塗って10分程置いて洗い流すだけです。
このように食べ物で身体の内側からも外側からもケアしてあげると、目の下のクマの解消により効果的です。

そんなにお金をかけずにすることが出来るので、すごくオススメの解消法です。

 

◇スポンサーリンク

http://光豊胸エステ札幌.com/

ゆとりではなく常識ある愛情豊かな教師を!

確実にゆとりのせいですが、ゆとり世代も先生になっているのです。

おそろしい。

もっと勉強した人を先生として採用してほしいのに、学力の低い人たちが、部活動を指導しているのです。

そこで、ゆとりというか、常識なのですが、これも、電話しなくていいと思うのですが、子供が学校を風邪でお休みしても、毎日電話をする仕組みになっているようなのです。

風邪ですというのだから、休ませてほしいと思うのです。

1週間も休めば電話も必要でしょうが、休んだその日は厳しいです。

子供は高熱だったりしますから。先生と余裕で話をする気持ちにもなれないのです。

そこは、少し考えてほしいのです。

ずる休みしているのかそうでないかの違いはわかるはずです。

そこを考えずに、してくると迷惑です。

更に、頭に来るのは、いつも8時過ぎに電話をしてくる担任がいてい、学校に電話をかけるのは、遅い時間は遠慮してくださいと手紙が来ているにもかかわらず、電話を遅い時間にかけてきて、こちらがでられなくて、気になって、電話をかけると、学校に、常識しらずのような対応をされるのです。

だって、気になるではありませんか。

毎日、電話を掛けることになっているらしいことは知っていて、かかってきたのが学校の番号で、こちらが出られなかったのですから。

そんな状況で、こちらが悪いように思われ、X先生からお電話いただいてというように言うと、電話をつないでもらえるのです。気を付けてほしいです。

ゆとりです。

ゆとりは食生活も悪いせいか肌にニキビがブツブツとできています。

担任は若さかストレスか知りませんが、その辺も注意してほしいですね。

ニキビはビタミンC化粧水でケアする。※参考:http://skinsolution.info/nikibivitamin/

ストレスは運動やエンタメなどでしっかり解消する。

これは当然の自己管理ではないでしょうか?

それすらできずに子供たちに何の教育ができるでしょう?

だから私はゆとりが気にくわないのです。

それが教師ならなおさらです。